想像力と創造力

2004.09.02

CEzMADqNIPsg7bEFfTl0F3MMayXC8KZPtQTu94NR.jpg日々の暮らしの中で音や風景が非常に煩わしく負担に感じるときがある。絶え間なく垂れ流される生活音、否応無しに視覚にはいる人工着色のネオンや看板と光の氾濫。現代生活の中では社会の変化と共に昼と夜の明確な境界は希薄になり、深夜でも昼間がその人工的な光によってつくりだされる。そのことに慣れきってしまった私達には、本来ならば漆黒の闇であるはずの夜の姿を、そこに恐怖や魑魅魍魎が潜むかもしれない深い想像の世界を、知ることも感じる事も無い。快適さに依存し星や月をみることもなく、太古から続いて生かされているという自分自身をも見いだせないでいる。

TS5lzcNd3sx8TQQ5RUYrLk6pLHv0ts3ooNZjcgIW.jpg晴れている昼間、空を見上げ太陽を仰ぐ事を私はもう長い間していなかった。コントロールされ、作られた環境の中の非常に狭窄な世界に置かれている事に気づかないまま、広い視野を持たなくなった現代人は疲労し急かされ、人として本来持つはずの感性を失い想像することを忘れる。「想像」することから「創造」は生まれるはずである。

人が尊厳をもってより良く生きることのできる社会(世界)、思いやりなどのやさしさも想像力を伴わなければ生まれてこない。相手の心の変化や痛みを感じる事ができないからである。そしてそれらを含む多くは実際に体感してこそ学習できるものである。窮地に落ち全てを己の五感と判断力に頼らざるを得なくなったとき、救いとなるのは豊かな想像力である。現状を把握する能力、将来を見据える客観性、そこから「創造」される世界は決して他から与えられたものでは無く、確実に自身の経験による揺るぎのないものである。人が本能としてもつ想像力を豊かにする事のほうが、少年犯罪が起きるたびに教育現場で抽象的に「命の大切さ」を唱える事よりより効果的である。

夜遅く学習塾の前で子供達を待つ保護者の車の列をみるたび思うことは、帰途につく前に彼らにはまず無数にまたたく夜空の星をみあげてほしいということ。果てしのない宇宙(人生)を生きることの面白さ、楽しさをその想像力を持って感じて欲しいということ。想像力が、生きるための精神的な免疫力となれば現代社会はもっと自由で快適になるだろう。そしてそこから少しは希望のもてる未来が創造できるはずである。


私の考える自己表現

2003.10.9

0zYbEMHY2L49CY1JeDatnx0txDceKev0oPXDyfBN.jpg ジャンルを問わず“表現者”に最も求められるものは、奇をてらった思いつきや、単にブームにのった派手なパフォーマンスではなく、本人の生き様と共に確立された理念、基本の確かさだと考える。俗に言う、グラフィックアート、コンピュータミュージック等は、誰もが“表現”の楽しさに親しめる点では評価したいが、1つ間違えば描写力、観察力、音楽理論、演奏力などを一切無視しても“機械”の指示通り作業することで、作品を生み出すことが出来てしまう。しかし、それらの作品は安っぽい自己満足に過ぎない。

 理論や理屈が何よりも大切だという意味では無い。むしろ理論や理屈も、それだけ知識として持っていれば誰でも“作品”を作ることが出来るという点で同じ様なものだ。それなりの知識と技術があれば、音楽を作ることは簡単だ。しかし、それだけでは惹きつけられる魅力は感じられないだろう。そのような作品が世の中に溢れている。では逆に、何もかもを無視し、感性の赴くままに作られたものが良いのかと言えば、それは間違いであり、そこに作者の理念が無ければ何ら説得力は生まれないのである。ただの「いい曲」「いい絵」などは山ほどあるが、その中で何を感じるか、が本質であるのは言うまでもない。

 表現されたものは、見る、聴く相手の内面に浸透してこそそれが魅力となり、力となる。薄っぺらな「文化」が流行っている現代にあって、表現者にとって最も大切なのは、何を表現したいかということ。そしてそれを表現するための、確かな背景から生まれる説得力である。

 私は、自分がその落とし穴にはまらないためにも、音の表現にはあくまでもアコースティックな本来の“楽器”と“演奏”を大切に考えている。その上で、アコースティックやコンピュータ等の既成概念にとらわれず、それらをあくまで表現のための手段として取り入れ、丁寧な自己表現をしたいと思っている。